【徹底解説】筋トレで使える時短方法~スーパーセット法~

筋トレ

体は鍛えたいけどあんまり筋トレに時間使えないんだよな~

って方いらっしゃいませんか。

何なら、一部の筋トレ好きを除いてジムでのトレーニング時間は

なるべく短くしたいのではないでしょうか。

今日はそんな方々に向けた時短方法の一つををご紹介します!

もしよければこちらもご覧ください!

【徹底解説】筋トレで使える時短方法~ドロップセット法~

スーパーセット法

正直、 ドロップセット法に比べて使いどころはかなり少なくなります

時短、追い込みに関しては負けず劣らずのオススメテクニックです。

やり方

拮抗筋と呼ばれる、2つの表と裏で対になっている筋肉を

インターバルを取らず連続して鍛えるというやり方です。

例えば

・上腕二頭筋(力こぶ💪)と上腕三頭筋(二の腕)

・大胸筋と広背筋/僧帽筋(背中)

・大腿四頭筋(まえもも)とハムストリングス(ももうら)

です。

なぜ拮抗筋を連続して鍛えるのが効果的かと言うと

上腕二頭筋(力こぶ💪)が収縮している時、

つまり肘を曲げているとき、

上腕三頭筋(二の腕)は伸びています。

二頭筋、三頭筋が同時に収縮しようとしたら肘は曲がりませんよね!

伸びているということは、通常よりもリラックスした状態ですので

インターバルをとって休ませる必要がなくなり、

裏側の筋肉(伸びていた方の筋肉)を鍛えることができるということです!

注意点

二種目連続で行うことになるので、

ダンベルやマシンを占領してしまう事です。

ただダンベルやマシンの占領はジムでは御法度なので

最初に申し上げた通り、使いどころはかなり限られます。

また、ドロップセット法同様、高強度トレーニングなので

体調不良やケガには十分注意しましょう。

おすすめ種目

最後にマシンやダンベルを占領、独占しないでできる

スーパーセット法を使った種目をご紹介します。

上腕二頭筋(力こぶ💪)⇔上腕三頭筋(二の腕)

アームカール⇔ライングエクステンション

ケーブルハンマーカール⇔ケーブルフレンチプレス

大胸筋広背筋/僧帽筋(背中)

ベンチプレス⇔懸垂

ダンベルベンチプレス⇔ダンベルベントオーバーロウ

(二種目とも同じ重量のダンベル)

ケーブルクロスオーバー⇔ケーブルプルオーバー

大腿四頭筋(まえもも)ハムストリングス(ももうら)

シシースクワット⇔マシンレッグカール

バーベルスクワット⇔グッドモーニング

などです!ご参考までに!

まとめ

スーパーセット法のためマシンやダンベルを占領している人を

たまに見かけますが、めちゃくちゃ嫌われるので絶対にやめましょう!

もちろんケガや体調管理にもしっかり気を配り

楽しい筋トレライフを送りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました