【ただの感想】ガルプラ999#9~ロケ・ビハインドシーン~

k-pop

今回のガルプラ#9は

天国のロケ・ビハインドシーンと

地獄の中間発表の2部構成でしたね!

そんな天国編の感想と

新たに発見した、メンバーの魅力などを語っていきます。

「SNAKE」のパート決め

今回も「SNAKE」で一波乱ありましたね。

メンバー9人中

日本人1人

韓国人3人

中国人5人

と引き続き中国人多めの構成

各パートは多数決で決めるので、

団結力、愛国心の強い中国人メンバーは

そのパートを希望した中国人メンバーに投票します。

パートを希望したメンバー2人を除いた7人での投票となると

必然的に中国人メンバーが希望パートにつくようになります。

実際にほとんどが4対3の投票で中国人側有利に決まっていきました。


これが批判殺到ですね~

国民性の違いですから僕たち日本人には確かに理解できないですが、

異国の地で一緒にやっている仲間の希望をかなえてあげたいのは

いいことなんじゃないですかね?

日本人よりも、韓国に対して異国感あるんじゃないでしょうか。

で、韓国人メンバーも日本人メンバーの方に親しみを持てるんじゃないでしょうか。

ちょっとこのガルプラを通じて中国人ヘイトが溜まっていってる感じがしますね!


さらに今回は珍しいことにルイチー絡みで問題が!

ヨンウンとのメインボーカル決めの際、

のどの調子が悪いと保険をかけました。

カラオケで独り言のようにいう「久しぶりに歌うんだよなー」と同じあれです!

ヨンウンもびっくりしてましたが

結果メインボーカルを射止めたのはルイチーでした。

少しルイチーにデビューへの焦りが見えた瞬間でしたね。

「SNAKE」のロケシーン

そんな「SNAKE」チームですが

ロケはとっても楽しそうでした!!

個人的に驚いたのは

シェン・シャオティンが意外に明るい子だったということです。

着替えて来た時の登場シーンや

大きい芋が取れた時の

見て!見て!というかまってちゃん感

ホントにツボでした!


あと便秘をばらされるひかるちゃんに笑いました!


唐辛子収穫の時は

取れ高を気にしたウェン・ヂャちゃんがいい感じに空気を変えてくれましたし

いいチームワークでしたね!

「SHOOT!」ロケシーン

キム・ダヨンちゃんのデビューはもう決定なのか!と思うロケでした。

実家に行くって最強ですし、

お母さんとの絡みで好感度も爆上げですし、

番組が総力を挙げて推し始めましたね。

お母さんもとってもいい方で、

メンバーのパフォーマンスに涙していました。

最近になってわかるようになりましたが

頑張ってる子ってほんとキラキラして見えるんですよね

小さい頃公園で野球をしていたら

フェンスの向こうからボーっとこっちを見ているおじさんがいましたよね。

小さい頃は気味悪いなーと思ってましたが、

あのおじさんって未来の自分だったんだって気づきました。。

戻らない青春を目の前にして体が動かなかったんだって。。



そして、みんなが泣いてるのに自分だけ泣いてなくて

気まずそうにしてる池間琉杏ちゃん可愛かったです!

まとめ

なんやかんやありましたが

9話の前半は平和なシーンが多かったですね。

次回は中間発表についてです。


最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました